無料ブログはココログ

« ハローワークでブラック企業を扱わなくなる件で一言 | トップページ | ぼっち禁止 »

2015年1月 8日 (木)

セカンドキャリア

141214_090001

フィギュアスケートの町田樹選手が、引退宣言をしたのは記憶に新しい。

そしてアスリートの“セカンドキャリア”について学ぶとの事。

リンクの上での表彰式で発表した。

フィギュアスケート協会に言っていなかったようだ。

いやいや爽快だし、策士とも思った。

町田選手らしさも感じ取れて素晴らしい引き際だった。

そしてとても重要な問題提議をしたと思う。

引退試合前のインタビューに実は載っていた(・∀・)

フィギュアスケートに限らず“協会”のあり方そのもの問題だ。

こうでもしないと手放さなかったからだろう。

利権が見え隠れする。

バスケットボール極真空手テコンドーなどの協会は分裂状態。

協会はイベンターに徹するべきだ。

一番機能しているのはJリーグだろう。

キチンとした管理があるから広がりがある。

悪い協会の見本があるから日本のスポーツは育たない。

プロ野球だ。

悪習が続く限りスポーツは育たない。

かの球団が牛耳ったから狭い了見でしか判断出来ない“ガラパゴス”になった。

“箱根駅伝”だってそうだ。

“東京”は東京ヤクルトスワローズのものだ。

いまさら東京をなのる某球団の厚顔無恥ぶり。

それもこれも今までのアスリートが無知だったのも問題がある。

柔道のヤワラちゃんなんか持ち上げられて、今どこぞの楽しい仲間の議員さん?

名選手だったのに…。

中村ノリ?もういらないよ。差し伸べた手を振り払う奴を雇う価値はない。

キヨ?ヤクザとクスリ。ろくなもんじゃねぇ。

文武両道という素晴らしい言葉が日本にはある。

相撲には、チャンコ料理を作らせてリタイア後も活躍出来る場を与えている。

プロ野球には無い。 警察官の試験を受ける戦力外選手がいる。

辞めた選手には知らんぷりだ。

何もスポーツに限った話では無い。

モチベーションを保って仕事はしなければならない。

ノーベル賞を取る発明をする人材をつぶす田舎企業など挙げればきりがない。

セカンドキャリアは今の世の中をキチンと見据える大事な学問であり、

政策でもあると思う。

町田選手には町田教授としてまた戻ってきて欲しい。

« ハローワークでブラック企業を扱わなくなる件で一言 | トップページ | ぼっち禁止 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34815/58518888

この記事へのトラックバック一覧です: セカンドキャリア:

« ハローワークでブラック企業を扱わなくなる件で一言 | トップページ | ぼっち禁止 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30