無料ブログはココログ

« よみがえるケイブンシャの大百科 伝説の70~80年代バイブル | トップページ | 正月の風景2015 »

2015年1月 5日 (月)

死人に鞭打つ~山口洋子氏~

150103_135101

年末から年始にかけて歌謡番組をやっていたが、

山口洋子氏の扱いがどうしても納得出来ない。

本当にガキの頃に聞いていた“よこはま・たそがれ”だが、

実はガキの頃から変な歌だなと思っていた。

大人になってから調べたらどうきいても盗作じゃねぇか。

1977年に出版された徳永康元・池田雅之訳のアディ・エンドレ詩集

ひとり海辺で

  海辺、たそがれ、ホテルの小部屋
  あの人は行ってしまった、もう戻ることはない
  あの人は行ってしまった、もう戻ることはない

   (第1節のみ上記書より引用 徳永康元訳)

オリコン・シングル・チャート1位獲得も盗ったんだと思う。

存命の時からうすうす感じていたが山口氏の胡散臭さ。

確かに五木ひろし氏の“夜空”はいい曲だが

平尾昌晃氏の曲が良かったからだろう。

五木ひろし氏の恩師とか持ち上げられていたが、

レコード会社共々盗作に荷担していた訳だ。

悪いが死人に鞭打つぞ。

いかに70年代がいい加減だったかよくわかる。

いい意味のゆるい70年代ならいいが、

悪いゆるさの見本みたいなもんだ。

安藤昇氏の女だったようだし。

元ヤクザの組長で俳優。鉄砲で撃ちあうシーンを撮る時に、

口で「パンパン」言うのが死ぬほど嫌だった話は有名。

ツタヤで任侠コーナーに行けば主演作があるよ。

あんまりやりたくないシリーズではあるが、

やらなかゃこの時代を生きる意味が無いので。

基本的に亡くなった時にしかしませんので(^_^;)

« よみがえるケイブンシャの大百科 伝説の70~80年代バイブル | トップページ | 正月の風景2015 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34815/58464317

この記事へのトラックバック一覧です: 死人に鞭打つ~山口洋子氏~:

« よみがえるケイブンシャの大百科 伝説の70~80年代バイブル | トップページ | 正月の風景2015 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30