無料ブログはココログ

« 貧乏ITシリーズ“O'zzio musica IP835 Just iTimber”編 | トップページ | 犬のように働く »

2014年9月12日 (金)

ヤマダ電機の対応2014

140911_134701

栄えあるブラック企業大賞2014

そうかそうかの“ヤマダ電機”(^_^;)

書きためたネタを2つほど…。

ヤマダ電機から会員へのメールが朝9時に来ていた。

気づいたのは昼3時過ぎ。

会員限定セールのお知らせ。 SDカードとかのデジモノだ。

よっしゃ、いっちょ値段を見ようとすると、 “このセールは終了しました。”だと。

たった数時間で終わりでやんの。 “ふざくんな”って感じ。

会員全員とかなら話はわかるが、

案内しといて“ありません”じゃ不信感しかない。

もう一ネタ。 またクーラーが壊れた。ルーバーが途中で止まる。

前の対応のひどさがあったので

コールセンターに “メーカー対応をするように”お願いする。

“わかりました。では受付番号は○○です。

工事希望日が決まりましたら、この番号を告げてください。

別日に希望日が決まったので番号を言うと

“電話番号をどうぞ”と言われた。

はぁ?なんで言わなきゃいけないの? 受付番号じゃないの?

コールセンターのねーちゃんに問い詰めてもわからない。

仕方なく電話番号を告げてメーカー修理を依頼。

メーカーはパナソニックだけど、対応最高にいい。

“二度も故障いたしまして誠に申し訳ごさいません!”から始まる。

いや丁重丁重。

修理日時を設定。来訪。修理は淡々と進む。

大きく3つのユニットに別れている。 ごっそり1ユニット替えるのね。

最近の家電はこんな感じで修理なんだね。

汚れてたんで冷却フィンのみ自分がふかせてもらいました。

修理というか交換終了でサインのみ。

一時間かからない。

ともかくヤマダ電機に修理を頼むならば

必ず“メーカー対応をお願いします。”と言いましょう。

10年保証で買った場合でも大丈夫ですよ。

ポイントは消耗品で使うぐらいなんで

他の家電屋で買いましょう。

« 貧乏ITシリーズ“O'zzio musica IP835 Just iTimber”編 | トップページ | 犬のように働く »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34815/57344164

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマダ電機の対応2014:

« 貧乏ITシリーズ“O'zzio musica IP835 Just iTimber”編 | トップページ | 犬のように働く »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30