無料ブログはココログ

« いまさらレンジャーズストライクソリッド | トップページ | 貧乏パソコンシリーズ XPとの決別 その1 »

2013年8月 5日 (月)

86水害から20年

130803_123401

鹿児島“86水害”からもう20年ですね。

その年は熊本で仕事をしていた自分が、

たまたま帰省していました。

自分は前年は熊本で台風の被害にあっていました(-_-#)。

8月6日は確か金曜日で、

知り合いが天文館方面で呑むとの事だったんですが、

そんなにすごい雨じゃなかったけど

朝から長く降り続けていたと思います。

だからなんとなく行くのをやめました。

4時頃、車で鴨池方面から産業道路を南下していて、

南警察署前あたりは

すでに至る所で水溜まりが出来ていました。

とりあえず帰って、夕飯を食いながら確か

高麗町のテレビ放送を見ていました。

8時のドラマだったと思いますが、

雨の音で聞こえないくらい降っていました。

突然、ドラマが中止され映った画面は放送局本社前。

一面の水びたし。車はもう飲み込まれていました。

ただごとじゃないと思いました。   

食事をすませて自分の部屋で

ラジオとテレビをつけながら様子をうかがっていました。

当時はインターネットなんかありません。

ラジオがずっと放送していたので聴いていました。

孤立していく花倉地区。漁船に救助の手伝いを求めていました。

父は小さな船を持っていました。

“ちょっいっくっで”と準備を始めました。

自宅は鹿児島市南部なんで危ないと思い、父をとめました。

ほどなく桜島フェリーがハブの役目をはたして、

近隣の船舶で対応出来るとの事でした。

安否情報をラジオで聴いて翌朝を迎えました。

あぜんとしました。

伊敷で知り合いが店長として働いていました。

当時バイクのオフローダーに乗っていたので、

泥まみれになりながら伊敷に向かいました。

電話ボックスが川上方向から斜めになっていました。びっくりしました。

あいにく本人は店長業務で不在でしたが、お店は水びたしと泥まみれ。

とりあえず床だけ拭くのを手伝って帰ってきました。

天文館は地下にある店は水びたしだったとの事。

出なかったのは幸いだったのか?

後日伊敷の知り合いに聴いたら、車が天井まで沈んだそうです。

当然、帰る事も出来ず高い位置の棚の上で、一夜を過ごしたとの事でした。

身体が無事だったのは幸いですが、恐怖を感じました。

311の地震で、安否情報を聴いた時、86を思い出しました。

未曽有の災害というのは、いつおきてもおかしくないと20年経った今でも思います。

そして翌年、私は福岡で大渇水にあいました…。(-_-#)

自然を甘くみない事ですな。

« いまさらレンジャーズストライクソリッド | トップページ | 貧乏パソコンシリーズ XPとの決別 その1 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34815/52757332

この記事へのトラックバック一覧です: 86水害から20年:

« いまさらレンジャーズストライクソリッド | トップページ | 貧乏パソコンシリーズ XPとの決別 その1 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30