無料ブログはココログ

« 誘惑のウィンナー | トップページ | 時計の魔力シリーズ“カシオデータバンクDB−100編” »

2013年2月21日 (木)

我が青春のフジテレビ

121112_210401

二位のヒトは一位を目指す。

三位のヒトは二位も目指すし、

一位も目指す。あきらめる事だって出来る。

二位がダメなのは、目指す所が一位しか無い事だ。

なかなかあきらめきれないから。

フジテレビは昔は面白かった。

だから、視聴率三位になったのを期にがんばれ

ただ、

“偏向・親韓・サブカルへの理解の無さ・偉いヒトの嫌関西”

などなど・・・。

正すべき事はいっぱいある。

“楽しくなければテレビじゃない”を思い出して欲しい。

当たり前だが、バブルはもう終わったよな。

特にフジはいまだにあのバブル臭。

世代から言うと確かに、まさにちょうどなんだけどさ。

今の世の中とはかけ離れた所で、

バブルの頃を懐かしがっているだけ。

浮き世離れもはなはだしい。

“達人ぢゃなくアイアンシェフ”は、げっそりだ。

ずっと料理をしてるの見て何が面白い?

高い食材使ってマズいはず無いだろ。

同じ年代の庶民はひーひー言ってるんだ。

汚なトランでは、隠れ家を奪い、

男気ジャンケンではいらないものを買い、

全落オープンでは、真似して死んじまってるし、

同じネット局では、ドラマの殺人事件での犯行手口に使われるし、

真っ昼間からエロだし。

真っ昼間にエログロナンセンスって東京12チャンネルの頃か?

もうバブルは終わったんだよ。

まぁ、テレビ自体がオワコンだから仕方ない。

あ、ほとんど“した”がらみ(^_^;)

過去形には興味ない。

根源はキムチ臭。

面白かったフジをキムチから

取り戻せるだけの力は無いのか?

海猿の作者はすがすがしいほどの嫌フジテレビ。

制作会社は同じでいいんだってさ。

UFO戦士ダイアポロンⅡを思い出した私(^_^;)

(制作会社は同じで局が変わったのね。)

写メのヒトもバブル臭がするので。

« 誘惑のウィンナー | トップページ | 時計の魔力シリーズ“カシオデータバンクDB−100編” »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34815/49562689

この記事へのトラックバック一覧です: 我が青春のフジテレビ:

« 誘惑のウィンナー | トップページ | 時計の魔力シリーズ“カシオデータバンクDB−100編” »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30