« ミクロマン | トップページ | ヤッターマンへの追悼 »

2008年1月28日 (月)

ヤッターマンの民度

月曜日でヤッターマン第3話でした。

本編はだいぶ感を取り戻したようで、三悪の皆さんものってこられたようです。

・・・でもね。三悪+ドクロベエさまはみんな70代ですよ。

もう休ませてあげて。正直、キレが無いんだから。

ドラえもんみたいに新キャストでやったほうが良かったと思う。

BGMも昔のリファイン版のようだが、

旧EDのアレンジが流れると恨み節が増す。

なんにしても中途半端さが目につく。

笹川ひろし監督の味はレトロ感でしかない。

若いパンチのある演出が欲しい。

OP論争のおかげできちんと見ることになったヤッターマン。

正直、誠意の無い作りが目立つだけだ。

仮面ライダーや戦隊物が続いている理由は定番+@の新しさを

うまく取り入れているからだと思う。

昔、旨かったラーメン屋で、跡継ぎがうまいかというとそうではない場合が多い。

散髪屋でもいっしょ。息子が美容院始めたら昔のお客さんも行かなくなる。

民度が足りない。もうちょっとリサーチしてから製作にかかるべきだったと思う。

変える勇気がタツノコには足りない。

特撮版ヤッターマンは期待している。

深キョン、ケンコバ、生瀬(槍間栗)・・・いいじゃん。

そういやキャシャーンはひどかった・・・。

仮面ライダーを見よ。こんなに原作からかけ離れているのに面白い。

(キバはまだなんとも言えない。井上敏樹脚本だからだ。

響鬼後半~カブトは最悪だったから。シャンゼリオン、ジェットマンが頂点)

前も書いたが、「新作ギャグアニメで笑いたい!」

ライブ感の期待できるアニメってヤッターマンしかなかったんだ。

その実験が今の世の中でどこまで追求できるかだと思う。

とりあえず打ち切りになるまで見ます。13回か・・・?(ーー;)

« ミクロマン | トップページ | ヤッターマンへの追悼 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34815/10123713

この記事へのトラックバック一覧です: ヤッターマンの民度:

« ミクロマン | トップページ | ヤッターマンへの追悼 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30